e-book 1280x853

電子書籍の特長

電子書籍の特長

紙の書籍の場合、まず出版社に企画書を持ち込んで売り込みを行います。その後編集者を紹介してもらい、出版の手続きを進めるプロセスが基本です。

個人の方の場合、大半は自費出版(費用は著者が負担)となります。さらに、出版までに1年くらいかかることもあります。また、売れずに絶版となることが多いのが現実です。

一方、電子書籍の場合、原稿/写真/挿絵とその体裁が整っておれば、数週間で出版できます。また、例え売れずとも絶版になることはありません

印税の違い

紙の書籍の印税は5~10%程度、電子書籍は30~70%程度と大きな差があります。

電子書籍ならではの表現力

紙の書籍は文字や図のみで表現することになります。電子書籍の場合は、それらに加えて、外部リンクを挿入したり、見たいページに即座に移動したりできます。今後は動画の埋め込みも増えてくるでしょう。これらを連携させた新しい表現方法で差をつけることができます。

電子書籍の未来

紙の書籍を出版する場合は多くのプロが関わるため、書籍に対してある程度のクオリティーが確保されます。しかし、電子書籍ではツールを使いこなせれば個人で出版できるため、平均的なクオリティーは下がると言われています。

本サービスのコンセプト

出版を考えられている方は、その内容を高めることに集中して頂く。当社は今後の時流に合わせたITツールを駆使し、電子書籍を形にする。この連携により、電子書籍のメリットを享受しつつ、クオリティーの高い書籍の出版ができると考えております。今後、電子書籍が増える傾向です。クオリティーの高い電子書籍で差をつけましょう。

当社へのご依頼について

文章ベースの場合は原稿、写真集の場合は画像データをご用意して頂ければ、その時点で、お気軽にご相談頂ければ幸いです。そこで、完成イメージを共有させて頂き、費用を見積もらせて頂きます。もし費用に同意頂ければ、そこから連携作業で進めさせて頂きます。なお、当社では基本的に関西圏のお客様を中心にお仕事をさせて頂いています。なぜなら、密な報連相が大切だと考えているからです。クオリティーの高い電子書籍の出版をお手伝いさせて下さい。

料金

ページ数、当社への構成検討の程度、登録手続きの有無、出版後の宣伝対応等により費用が変わってきます。1件あたり、3~10万円と考えて頂ければと思います。まずはお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせボタン

 

PAGE TOP